(造園工事業)宮城県知事許可般-14 第16618号

白石市竹鳳園風力発電所

白石市竹鳳園風力発電所

白石市竹鳳園風力発電所について

当社は、造園業を通じ緑化で地球温暖化対策に取り組んでまいりましたが今回新たに再生可能エネルギーのひとつである風力発電に取り組むことにいたしました。

この事業での二酸化炭素排出削減効果は原油削減量が278kl ドラム缶1390本の削減になります。CO2削減量は418tの削減効果が期待できます。

白石市竹鳳園風力発電所は県道51号線沿いで白石スキー場から七ヶ宿への観光通路に併設したものでシンボルタワーとして景観を重視し誘客を図り地域の活性化に繋がることを願っています。
仙台空港の国際化などから蔵王に観光客が増えたくさんの人が訪れた時に綺麗な景色だね!と感動し周りに発信してもらえるような景観づくりで地元に貢献していきます。

この事業を基礎にして近隣数カ所に風車建設計画を考えております。
環境、健康、こころにやさしい事業活動を行ってまいります。
この事業は宮城県の平成29年度新エネルギー設備導入支援事業の採択を受け環境配慮活動を行う先進的な事業者として県のホームページでも取り上げていただいてます。

 

有限会社 竹鳳園 代表取締役 平間総一

※写真はイメージ図です。